中庭の紅葉

中庭の紅葉

新居に引っ越して丸1年が経過したスタッフ永田です。

去年の夏に中庭に植えてもらった紅葉は、

秋に紅葉して、

冬には落葉して、

そして、春になって緑の葉が生い茂りました。

家の中にいながら季節を感じることができるので、紅葉を植えてよかったです!

中庭の紅葉

そして、ゴールデンウイーク4月29日~5月5日は名古屋市瑞穂区にて「アトリウムに暮らす家」の完成見学会が開催されます。

社内検査時に撮影した写真を少し紹介させていただきます。

名古屋市瑞穂区完成見学会|建築家とつくる注文住宅

名古屋市内の25坪という限られた土地スペースでもとても明るく気持ちのいい家になっています!

ぜひ現地に見に来て下さい。

「アトリウムに暮らす家」完成見学会

社内検査

社内検査

こんにちは。

WEB担当の永田です。

本日は来月見学会を開催予定の家の社内検査に行ってきました。

今回の家は最近人気のある平屋です。

そして、今回の家もすごく個性的な家になっています。

Natureスペースの家はどれも個性的な家ばかりですが、

施主様の要望・立地条件など様々な要因を組み合わせて、

施主様が住みやすい家を形にした結果が個性的な家として形になっているのだと思います。

ということで、今回の家の写真を少しだけ紹介します。

極力表面にものを出さないことを考えたキッチンの写真。

ミニマリストのための造作キッチン

ほかにも見どころ満載の素敵な平屋になっています。

北名古屋市にて4月10日11日に開催予定なので、

ぜひお越しください。

庭にグランドカバー

庭にグランドカバー

こんにちは。

Natureスペースで家を建てた永田です。

我が家の駐車場には一部山砂の状態のままの場所があります。

家を建てたときは

「なにか植えられたらいいな~」

と考えていました。

が、いろいろとやっているうちに後回しになっていて、

いまだに山砂のままです。

最近、あったかくなってきたので、そろそろなにかやらねければと思い、

桑名市の「花ひろば」というところに行ってきました。

写真は撮っていないのですが、花とか草とか木がたくさんあります。

庭に植える植物を探している人は一度行ってみるといいと思います!

特に目的の植物があったわけではなかったので、

グランドカバーによさそうなやつを数種類買ってきて庭に植えました。

まずは、山砂を耕して肥料入りの土を混ぜました。

庭にグランドカバー (2)

そして、買ってきた苗を植えました。

名前はたしか、「バコパ」「クローバー」「ワイヤープランツ」「リシマキア・オーレア」だったと思います。

庭にグランドカバー

これでちょっと様子を見て、良さそうならほかのところにも植えたいと思っています。

いい感じに広がってくれるといいのですが。。。

いいかんじに育ったら、また報告させていただきます!

革のペンケースづくり

革のペンケースづくり

こんにちは。ネイチャースペースHP担当の永田です。

趣味でレザークラフトを少しやっています。

革(レザー)を使って、財布とか鞄とかを作っています。

ということで、最近作ったものを少し紹介させていただきます。

最近はネイチャースペースのスタッフに頼まれて、ペンケースを2つ作りました。

これとか。

これとか。

(真ん中のやつが完成品で、両隣は試作品です。)

型紙(設計図のようなもの)さえできてしまえば、

これくらいの小物は簡単に作れます。

ただ、型紙を作るのはそれなりの経験がいります。

革の厚みだったり硬さだったりを考慮して型紙を作らないと、

思った通りの作品にはなりません。

型紙がしっかりしていれば、

手先の器用さとは関係なく結構きれいな作品が作れるので、

細かい単純作業が苦でない人にはおすすめの趣味です!

ちなみに、

初めてのレザークラフトの場合は、

型紙は販売されているものを使った方が無難です。

興味のある方は、レザークラフトを始めてみてはどうでしょうか?

家の庭で芋ほり体験

家の庭で芋ほり体験

先日、家の畑で芋ほりをしました。

家といっても自分の家ではなく、祖母の家です。

祖母の家には小さな畑があって様々な作物が育っています。

 

夏にはトマト、キュウリ、

秋にはさつま芋など季節ごとに収穫体験をさせてもらってます。

家の庭で芋ほり体験4歳の上の子は、一生懸命芋ほりを楽しんでいました。

もうすぐ2歳になる下の子は、芋ほりよりも土いじりを楽しんでました。

 

収穫したさつま芋は「安納芋」という品種。

よくスーパーなどで焼き芋として売られていますよね。

ということで、

魚焼きグリルで焼き芋にして食べました。

 

味は。。。正直、売物の焼き芋にはかないませんが、

子供たちはおいしいといって食べていたので良かったです!

 

ということで、

家庭菜園用として販売されている自宅の隣の土地が気になっている永田でした。